教養・歴史

坂東真理子 昭和女子大学理事長 「企業と消費者をパートナーに」

     昭和女子大学は、2021年4月に社会人を対象に消費者志向経営について学べる大学院を全国で初めて開設する。企業経営のなかで消費者をどう位置づけるか、いかにコミュニケーションし「共創」していくか。公共政策論やリスク・マネジメント、マーケティング戦略など幅広い角度から学び、企業・組織内で企画立案や事業戦略を担うリーダーシップ人材を育成したい。

    「消費者志向経営」という言葉は、まだ市民権を得ているとは言えない。一昔前は、事業者と消費者が対立するという考え方があった。苦情・クレームに対応することが消費者と向き合うことだ、という側面が強かった。しかし、苦情とはその企業にとって解決すべき課題だ。その声に隠れている課題を見つけ、ビジネスに生かすこと。その背景に何があるのか、想像力も必要だ。事業者と消費者は対立する存在ではなく、パートナーシップで結…

    残り101文字(全文471文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事