経済・企業日本経済総予測 2021

主要20社「景気・相場」アンケート 2021年は財政・金融頼みの低成長=編集部

財布のひもは緩むか(Bloomberg)
財布のひもは緩むか(Bloomberg)

 足元の新型コロナウイルス再拡大で、2020年末から21年春ごろまで消費を中心に経済活動が停滞、それを財政・金融政策が下支えしつつ、ワクチン開発・普及の期待から21年後半に景気回復を見込む──。

 主要シンクタンク20社の21年経済見通しを総括するとこうなる。20年のマイナス成長からプラス成長にはなるものの、「21年は20年の大幅な落ち込みの反動で潜在成長率を明確に上回る成長となるが、急激な落ち込みの後としては回復ペースは鈍い」(ニッセイ基礎研究所)と慎重な見方が少なくない(表1・2)。20年・21年の景気・相場予想をみてみよう。

残り1959文字(全文2226文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事