経済・企業日本経済総予測 2021

マーケット予想 ドル・円 21年末に106円=尾河眞樹

 新型コロナウイルスワクチンの普及による経済の正常化を先取りし、金融市場はグローバルにリスクオンの地合いとなっている。ただ、米国を中心とした足元のコロナ再拡大は深刻で、2021年1〜3月期までは米国経済が停滞する可能性は高い。米連邦準備制度理事会(FRB)が追加緩和に踏み切れば、一時的にドル安圧力が強まる公算だ。

 ただ、パンデミックにより日米欧中銀が足並みをそろえて強力な金融緩和を推進するなか、金利差は極端に縮んでおり、為替相場はこれまでの「金利差連動」というセオリー通りではなくなっている。ドル・円も一方向には動きづらく、100円を大きく割り込む円高の可能性は低い。

残り231文字(全文517文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事