週刊エコノミスト Online深層真相

国税庁の星野・前長官、保険業界の「財務OB指定席」へ

    星野次彦・前国税庁長官
    星野次彦・前国税庁長官

     2019年7月~20年7月に国税庁長官を務めた星野次彦氏。退官後は同年11月まで財務省顧問を務め、同12月にはTMI総合法律事務所顧問に就任した。

     国税庁長官は、財務省の次官級ポスト。長官OBは、影響力のある公的ポストに再就職してきた。たとえば、各官庁の政策をとりまとめる内閣官房副長官補は、20年6月から藤井健志元長官(在18年7月~19年7月)が務めている。藤井副長官補の前任の古谷一之元副長官補も12年8月~13年4月に国税庁長官を務めた。

     ただし、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、学園との交渉時に理財局長だった迫田英典元長官(在16年6月~17年7月)や、財務省の決裁文書が改ざんされた当時の理財局長だった佐川宣寿元長官(17年7月就任、18年3月に辞職)は例外で、公的なポストには再就職していない。

    残り388文字(全文751文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事