週刊エコノミスト Online世界経済総予測 2021

原油 需要回復鈍く30~50ドル 脱化石で沈む産油国=畑中美樹

     石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の産油国で作る「OPECプラス」は12月3日、産油量を2021年1月は日量50万バレル増やし、減産規模(日量770万バレル)を日量720万バレルに縮小することで合意した。2月以降は閣僚会議を毎月開き、需給状況を見ながら減産幅を縮小する。

     原油相場は、新型コロナウイルスに有効なワクチンの開発期待から依然、底堅い。他方、感染再拡大により欧州などでロックダウン(都市封鎖)が相次いだため、需要の回復が鈍るとの見方も根強い。OPECは11月の月報で、欧州での感染拡大から21年の石油需要の回復を従来見通しから下方修正した。国際エネルギー機関(IEA)も11月の月報で「国際石油市場が重要な恩恵を感じることは21年になってもしばらくないだろう」と冷めた見方を示した。

     このように、需要の冷え込みが一過性のものか否かが21年の原油市場の最大の焦点である。もちろん、有効なワクチンが世界レベルで普及するめどがつけば石油需要の回復もあり得るが、筆者は21年の油価は、40ドルを中心に上下10ドルの変動幅で推移すると見ている。

    残り692文字(全文1170文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事