【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online世界経済総予測 2021

新興国 通貨危機くすぶるトルコ 世界景気回復の副作用=平山広太

 新型コロナウイルスが猛威を振るった2020年が終わり、新たな年に移るなか、世界景気は明るさを増しつつあるが、パンデミック(世界的大流行)は今なお継続しており、楽観はできない。

 新興国の多くは20年、コロナ禍で空前の財政・金融政策を打ち出した。財政政策では給付金支給や減免税、債務返済猶予などに取り組み、金融政策では大幅利下げや大量の流動性供給を実施した。景気後退による歳入減少と景気対策による歳出増加が財政状況を顕著に悪化させ、国債利回りは大きく低下した。しかし、世界的に金融緩和とディスインフレ(物価の上昇率が低下していく状態)が進行する環境にあって、それらは重大な問題とはならなかった。

残り2039文字(全文2335文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事