経済・企業深層真相

「インテル依存」のニコン 半導体でキヤノンと統合?

     米インテルが先端技術を用いた半導体製造から撤退するとの観測により、同社に露光装置を納入しているニコンがピンチに立つとの見方が広がっている。

     インテルは1月に先端半導体の製造を継続するのか、工場を持たず設計に特化するファブレスにかじを切るのか方針を発表する。ファブレスになる場合、露光装置の大半をインテル向けに依存するニコンは、新規受注が大幅に減少しかねない。

     インテルは、台湾積体電路製造(TSMC)と韓国サムスン電子に微細加工技術で後れを取ってきた。TSMCとサムスンはすでに5ナノメートルの量産を開始しているのに対し、インテルは現在も10ナノメートルにとどまる。

    残り220文字(全文504文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事