国際・政治深層真相

感染者続出の豊洲市場 「逃げ」の知事に不満

     東京都の中央卸売市場、豊洲市場(江東区)で新型コロナウイルスの感染者が増加している。2020年12月上旬には、その数は水産仲卸を中心に160人に上り、年の瀬の魚河岸に動揺が広がった。東京都はクラスターの発生を認めておらず、場内で対応を疑問視する声が上がる。

     場内で初の感染者が出たのは8月中旬。仲卸は、卸売業者から魚を仕入れ、小売りや飲食店に売り渡す。顔と顔を突き合わせての価格交渉や情報交換が欠かせない。「当時、売り場でマスクを着けてるの…

    残り332文字(全文553文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月8日号

    とことん学ぶインフレ 株 為替 金利16 世界で進む物価高と利上げ 日本株「業績相場」の関門 ■神崎 修一20 とことん学ぶ1 米国物価動向 原油・人手・物流が絡む上昇 過熱なら強硬な引き締めも ■鈴木 敏之22 今知りたい1 欧州ガス危機 パイプラインで欧露の反目続く ■原田 大輔23 今知りたい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事