教養・歴史40代から磨くビジネススキル

奥義は「楽しむこと」 最強の英語マスター法=菊間ひろみ

英語を公用語とした楽天の社内ミーティング。複数の社員が英語で討論する(東京都品川区)
英語を公用語とした楽天の社内ミーティング。複数の社員が英語で討論する(東京都品川区)

 <英語、中国語、プログラミング 40代からビジネススキルを磨く>

 ビジネスパーソンにとってスキル強化が求められる項目で常に上位を占めるのが英語である。TOEICを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が企業・団体を対象に行った調査(2018年11月~19年2月、有効回答数528)によると、「今後のビジネスパーソンにとって重要なスキル」「社員や職員に不足している・今後強化する必要がある知識やスキル」との質問(いずれも複数回答可)に対して、それぞれ「英語」が最多の回答となった。

 人口減少で国内市場は縮小し、企業は海外市場の獲得に向かわざるを得ない。市場調査、提携・買収交渉、マーケティング、海外法人のマネジメントなど英語が求められる業務は増している。

残り2140文字(全文2469文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事