経済・企業40代から磨くビジネススキル

中国語 商社マンに学ぶ実践体得法=浜田健太郎

    EV(電気自動車)商用車のリリースや運行管理を手掛ける「地上鉄」(本社:広東省深圳市)。中国語習得者が案件を発掘(伊藤忠商事提供)
    EV(電気自動車)商用車のリリースや運行管理を手掛ける「地上鉄」(本社:広東省深圳市)。中国語習得者が案件を発掘(伊藤忠商事提供)

     <英語、中国語、プログラミング 40代からビジネススキルを磨く>

     21世紀のビジネスパーソンにとり、中国語は英語に並ぶ必須の外国語だ。中国ビジネスに強い伊藤忠商事では、中国語の習得者は日本企業では最多となるであろう累計1200人超となった。

     人事・総務部人材開発室の清水淳室長によると、伊藤忠が中国語人材の強化を本格的に開始したのは2015年から。中国国営企業のCITIC、タイ財閥のCPと伊藤忠の3社が戦略的業務・資本提携を当時、締結したことが契機になった。「従来から中国に強い商社であることを掲げており、提携を機に中国語を使うことができる人材を明示的に1000人育成しようと決めた」(清水室長)という。

    残り847文字(全文1151文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事