マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 環境・インフラ重視で電線株に注目=藤戸則弘

     2021年はESG(環境・社会・企業統治)投資が本格化しよう。環境に対して反動的な政策を推進したトランプ米政権が終わり、バイデン次期政権は一気に環境重視の政策に傾斜すると思われる。またバイデン氏は、地域・人種・貧富等の格差是正を標榜(ひょうぼう)しており、平等化推進のインフラ投資策にも傾注することになろう。こうした環境や、社会問題を重視した企業統治は、投資の上でも重要なファクターになる。

     まず、環境重視政策では、EV(電気自動車)化、風力や太陽光など再生可能エネルギー拡大の政策が鮮明化しよう。EV化では、米国、中国のEV専業メーカーのほか、駆動用モーター・同部品や、リチウムイオン2次電池、全固体電池などのバッテリー、ハイブリッド駆動システムなどが注目されよう。

    残り530文字(全文865文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事