マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 中国GDP発表(1月18日前後) 10〜12月期は6%台半ばか=三尾幸吉郎

     中国では1月18日前後に、国家統計局が10〜12月期の国内総生産(GDP)を発表する。

     前回発表の7〜9月期成長率は前年同期比4.9%増と4〜6月期の同3.2%増を上回る伸びを示した。新型コロナが猛威を振るった1〜3月期には前年同期比6.8%減と急減速したが、その後は2四半期連続で回復することとなった。そして、今回発表の10〜12月期はさらに加速して前年同期比6%前後との見方が支配的だ。

     既に発表された景気指標については、成長率との連動性が強い鉱工業生産は10〜11月平均で前年同期比7.0%増と前四半期(同5.8%増)を1ポイント超も上回っている。また、回復が遅れていたサービス業生産も10〜11月平均で同7.7%増と前四半期(同4.3%増)を大幅に上回っている。そして、GDPに占める鉱工業・サービス業比率を勘案して推計すると、10〜11月期成長率は同6.9%前後となるため7%近い…

    残り299文字(全文695文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事