投資・運用

コロナで変わる個人投資家 逆張りで高リターン狙う=宮本佐知子

コロナ禍で20年3月に世界の株式市場は急落したが……(Bloomberg)
コロナ禍で20年3月に世界の株式市場は急落したが……(Bloomberg)

 コロナ禍において個人の資産選択に変化が出ている。日本銀行の統計で確認すると、2020年1〜9月に個人資金の純流入額が目立ったのは、現金・預金と上場株式だった。コロナ感染拡大の影響を警戒しつつも、現金・預金で流動性を確保する一方で、相場変動に機敏に反応した人が少なくなかったと考えられる。

 個人による株式の売買状況を見ると、20年は3月から売買が増加し、足元でも活発だ(図1)。売買代金の週間平均額は、19年の4兆円から20年には5・5兆円へ増加した。売買代金で見る個人の市場シェアも、19年の20%から20年4月以降は25%前後で推移し、15年以来5年ぶりの高さとなっている。総じて、個人投資家の存在感は高まっている。

 個人の中でも、コロナ禍の下で特に活発に売買を行ったのは、信用取引の増加から推測すると、投資経験を積んだ既存の個人投資家とみられる。個人の売買代金は、20年4~9月の半年間では、その前の半年間(19年10月~20年3月)に比べて18%増加した。売買の手段では、現金取引(9%増)よりも信用取引(24%増)の方が増加しており、よりリスクをとった活発な投資が浮き彫りになっている。

残り1613文字(全文2111文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事