資源・エネルギー3万円相場の投資術

水素 製造・貯蔵・運搬 岩谷産業が高値更新=編集部

    水素ステーションも着々と増えている
    水素ステーションも着々と増えている

     エネルギー専門商社・岩谷産業の株価が1月に入っても、上場来高値を更新し続けている。2021年3月期連結最終(当期)利益予想が、前年比17%減の173億円にとどまる見込みであるにもかかわらずだ。

     大幅な株価上昇を演出したのは、同社が代表的な水素関連銘柄であることが主因だろう。同社は、水素の製造・輸送・貯蔵を手掛け、圧縮水素と液化水素のシェアは国内トップだ。主に化学品製造時の副産物や化石燃料を原料として水素を製造。全国に3カ所の液化水素製造プラント、11カ所の圧縮水素製造プラント、38カ所の水素ステーションを有する。水素ステーションは15カ所を建設・計画中で、水素社会実現のネックであるインフラ整備が急速に進んでいる。

     政府はグリーン社会実現の一手段として、水素の活用を掲げる。既にトヨタ自動車やホンダが商用化している燃料電池自動車(FCV)のほか、発電、製鉄など大規模な産業への応用も可能だ。

    残り858文字(全文1257文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事