教養・歴史著者に聞く

著者に聞く 『愛をばらまけ 大阪・西成、けったいな牧師とその信徒たち』 著者・上村真也さん

 ◆著者 上村真也さん(読売新聞大阪本社社会部)

路地裏の教会に息づく「愛があふれる」関係

 大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)といえば、東京・山谷と同様、簡易宿泊所が立ち並ぶ場所として知られている。住所不定の日雇い労働者や路上生活者が多く、日常的に炊き出しが行われる街でもある。

「なにしろ普段はあまり表に出ない人たちが対象なので、どこまで書いていいのか、ずっと迷いながら取材と執筆を続けていました」

 上村さんはそう話す。「大阪・西成、けったいな牧師とその信徒たち」という副題のとおり、本書はこの地でキリスト教の「メダデ教会」を運営する西田好子牧師の強烈な個性と、一筋縄ではいかない信徒たちをめぐるルポルタージュである。「メダデ」とは旧約聖書にたった一度だけ出てくる人物の名で、「愛があふれる」という意味がある。

残り932文字(全文1283文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事