教養・歴史著者に聞く

著者に聞く 『絶滅危惧個人商店』 著者・井上理津子さん

     ◆著者 井上理津子さん(フリーライター)

    豊かな日本を作ったのは命懸けで仕事する地域の顔

     明快かつ読者を直撃するタイトルである。どんな本かすぐわかる。

    「本屋めぐりの著作を書いた時に、おしゃれなブックカフェも良いけど、特に凝っていないように見える普通の本屋さんが私は好きだなあと思ったんです。そのあたりに今回の本に進む下地があった気がします」

     佃煮(つくだに)屋に精肉店、豆腐店、洋品店、靴店、自転車店……。日本全国で大型店舗やチェーン店ばかりになりつつある昨今、それでもしぶとく商売を続ける東京(1店のみ横浜)の18の個人商店を取材した。

    残り1047文字(全文1316文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事