教養・歴史著者に聞く

著者に聞く 『ウンコはどこから来て、どこへ行くのか』 著者・湯澤規子さん

     ◆著者 湯澤規子さん(人文地理学者)

    ウンコの排除を切り口に近代化を、現代を見つめる

    『胃袋の近代』に『7袋のポテトチップス』と近現代の「食べること」がテーマの著作を続けて出版した。「出す方も取り上げてほしい」という声を受けて本書が生まれた。

    「近代とは大量生産と大量流通が始まった時代ですが、もう一つ、大量排せつも描かなければならなかったと書いてみて気づきました」

     核となる研究の対象は、100年前の愛知県の織物工場。女工たちのウンコを周辺の農家が肥料として引き取り、農家はその代金に現金のほか大根などを納めていた。大根は漬物となり女工たちの胃袋へ。

    残り1029文字(全文1303文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事