【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史著者に聞く

著者に聞く 『ウンコはどこから来て、どこへ行くのか』 著者・湯澤規子さん

 ◆著者 湯澤規子さん(人文地理学者)

ウンコの排除を切り口に近代化を、現代を見つめる

『胃袋の近代』に『7袋のポテトチップス』と近現代の「食べること」がテーマの著作を続けて出版した。「出す方も取り上げてほしい」という声を受けて本書が生まれた。

「近代とは大量生産と大量流通が始まった時代ですが、もう一つ、大量排せつも描かなければならなかったと書いてみて気づきました」

 核となる研究の対象は、100年前の愛知県の織物工場。女工たちのウンコを周辺の農家が肥料として引き取り、農家はその代金に現金のほか大根などを納めていた。大根は漬物となり女工たちの胃袋へ。

残り1029文字(全文1303文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事