教養・歴史著者に聞く

著者に聞く 『諏訪式。』 著者・小倉美惠子さん

     ◆著者 小倉美惠子さん(作家・映画プロデューサー)

    風土に目を向けて自分の軸を確かめる

     長野県諏訪地方に通い、歴史を調べ、土地のありようを浮かび上がらせた本だ。諏訪との縁は、映画「ものがたりをめぐる物語」(2021年完成予定)の製作をきっかけに生まれた。監督の故郷に言い伝えられた物語をモチーフとした映画だ。

    「プロデューサーって撮影現場では手持ち無沙汰なんです。全くのよそ者として土地のことをどのぐらい掘り下げることができるのか、自分への挑戦のような思いもありました」

    残り1060文字(全文1294文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事