法務・税務ガソリン車 ゼロ時代

Q&Aで学ぶ「脱ガソリン」の基礎知識=町田倉一郎

 Q1 なぜ今「脱ガソリン車」なの?

「脱化石燃料車」の急先鋒(きゅうせんぽう)である電気自動車(EV)の誕生はガソリン車より古く、1873年には英国で最初の実用的なEVが作られた。しかし、その後ガソリン車の技術が進展し、電池よりもはるかにエネルギー密度が高いガソリンが有利となり、1907年に発売されたT型フォードの登場により、EVは姿を消した。

 EVの復活は90年代から。96年に米ゼネラル・モーターズ(GM)が「EV1」という2人乗りのEVをリース販売、翌年にはトヨタ自動車が「RAV4 EV」を発売した。しかし、当時は鉛電池やニッケル水素電池のためエネルギー密度が低く、航続距離も100~150キロ程度と短いなど、一般に売れる商品たり得なかった。

残り1918文字(全文2244文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事