テクノロジーガソリン車 ゼロ時代

世界市場1 中国 新興EVは「4強」時代 バックに巨大ITの資金力=川杉宏行

    シャオペンが発売した航続距離706㌔のセダン「P7」(2020年の北京国際モーターショー)(筆者撮影)
    シャオペンが発売した航続距離706㌔のセダン「P7」(2020年の北京国際モーターショー)(筆者撮影)

     中国の自動車の専門家組織「中国汽車工程学会」が昨年10月、上海市で発表した「省エネルギー・新エネルギー車技術ロードマップ2・0」が注目を集めた。ロードマップが中国政府の方針決定のたたき台となるからだ。

     中国政府は環境への負担が少ない新エネルギー車(NEV)を電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)と定義してガソリン車と区別している。

     ロードマップでは、中国の新車販売に占めるNEVの割合を2035年に50%へと引き上げるとした。一方で、内燃機関車(ガソリン車とディーゼル車)は段階的に減らし、35年に0%とし、NEV50%、残り50%はハイブリッド車(HV)など省エネルギー車とする道筋を描いた。

    残り2127文字(全文2445文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事