テクノロジーガソリン車 ゼロ時代

成長分野2 電池素材 4大部材は日本が優位 「全固体」向けも量産へ=東哲也

    リチウムイオン電池はEVの心臓部(Bloomberg)
    リチウムイオン電池はEVの心臓部(Bloomberg)

     リチウムイオン電池(LiB)は電気自動車(EV)の駆動源として欠かせない。世界シェアはパナソニックがLG化学(韓国)やCATL(中国)と激しく争うが、材料を供給する素材メーカーは日本勢が強い。今後は市場の急拡大も予想される(図)。

     LiBはリチウムイオンが電解液を介して正極と負極の間を移動し、充放電を繰り返す2次電池で、「4大部材」と呼ばれる正極材(活物質)、負極材(活物質)、電解液、セパレーターが、その性能を左右する。

     日本勢が最も得意とするセパレーターは、正極と負極を絶縁することで電池内部のショートを防止する役割を果たす。旭化成が中国・上海エナジーとともに世界シェア1、2位を争うが、車載用は住友化学がトップだ。パナソニックのLiBに使われ、米テスラのEVにも搭載されている。

    残り864文字(全文1208文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事