経済・企業ガソリン車 ゼロ時代

日産・ホンダ 「ハイブリッド」強化へ EVは“規制地”向けに=杉本浩一

    日産のHV販売台数は5年間で50万台へ (Bloomberg)
    日産のHV販売台数は5年間で50万台へ (Bloomberg)

    p80 <第2部 電動化に揺さぶられる業界>

     かつて電気自動車(EV)一辺倒であった日産自動車の電動車戦略が大きく変化したのは、ここ数年のことだ。2010年、次世代自動車のエースとして、満を持して投入した世界初の量産EV「日産リーフ」の販売台数は、会社の期待を大きく下回った。比較的求めやすい価格の実用EVは、時期尚早だったのだろう。「アーリーアダプター」と呼ばれるEVを果敢に受け入れた顧客は、米カリフォルニア州の高級住宅地で暮らすような富裕層が多く、自動運転などの新技術を満載した“とがった”新ブランドの高級EVをむしろ好んだ。

     このピンチを救ったのが、16年発売のハイブリッド車(HV)「ノート e-POWER(イーパワー)」である。「マーチ」などから流用したエンジンを発電専用にし、リーフから流用したモーターで駆動する世界初のシリーズ式HVだった。車両開発の主目的は、低迷していた横浜工場のモーター製造ラインの稼働率向上と、新モデル不足が続いていた国内市場の活性化。いわば「中継ぎ投手」のような役回りを期待されていた。

    残り2236文字(全文2699文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事