テクノロジーガソリン車 ゼロ時代

世界市場2 米国 バイデンで加速するEVシフト 860万人雇用維持に業界必死=土方細秩子

     ゼネラル・モーターズ(GM)は1月8日、「エブリバディ・イン」という電気自動車(EV)普及のための新しいキャンペーンを始めるとともに、57年ぶりに同社のロゴの変更を発表した。新しいロゴはEVや自動運転の普及など、環境に優しい企業のイメージを推進するためのものだという。

     GMは2020年11月、25年までに30車種をEV化すると発表。GMの本拠地ミシガン州デトロイト市近郊にEVに特化した組み立て工場を建設し、EV開発に270億ドル(約2兆8000億円)を投資、また航続距離を450マイル(約720キロ)に伸ばせるバッテリー開発など次々に新機軸を打ち出している。フォード・モーターも乗用車部門は、人気のガソリン車2モデルを除き、ほとんどのモデルのEV化を発表。人気のマスタングのEV版を1月から発売するなど積極的だ。

     米国ではオバマ政権時代に「EV500万台普及」を目標に掲げていた。トランプ政権時代にやや逆戻りはしたものの、バイデン政権はオバマ政権時代を継承し環境政策を強く推進していく構えだ。バイデン大統領は選挙中の公約として「2兆ドル(約206兆円)をEV普及を含めた環境政策に投じる」としており、今後のEV政策は急激に進むことが予想される。

    残り730文字(全文1255文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事