経済・企業ガソリン車 ゼロ時代

世界市場3 欧州 「脱ガソリン」をリード 最大手VWはEVに懸ける=鶴原吉郎

    フォルクスワーゲンが2022年に商品化を予定するEVミニバン「ID.Buzz」のコンセプトモデル フォルクスワーゲン提供
    フォルクスワーゲンが2022年に商品化を予定するEVミニバン「ID.Buzz」のコンセプトモデル フォルクスワーゲン提供

     ガソリン車販売禁止の先駆けとなった欧州では、自動車メーカーも積極的な電気自動車(EV)シフトを進める。

     実際、コロナ禍の中で欧州のEV販売は伸びている。欧州自動車工業会(ACEA)の統計によれば、欧州市場におけるEVのシェアは2019年が4%だったのに対し、20年は第1四半期が6.8%、第2四半期が7.2%、そして第3四半期が9.9%と急激に高まっている。

     一方で、EV販売の先行きは、(1)今のEV販売は「補助金頼み」の側面が強いこと、(2)EVは高速になるほど“電費”、つまり電力消費量当たりの走行距離が短くなり、日本に比べると平均走行距離が長く平均速度も速い欧州はEVの使用環境として厳しいこと――などから、不透明感が強い。

    残り1273文字(全文1590文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事