投資・運用今から始める投資信託

金 米インフレ率上昇を想定 金投資の「ラストチャンス」=江守哲

     金投資に関心を示す投資家が日本でも増え始めている。金の主な投資方法には、地金の積み立て購入、上場投資信託(ETF)、CFD(差金決済取引)、先物の四つが挙げられる。流動性が高く、スポットで短期的に売り買いをしたい投資家にはCFDや先物が向いている。一方、長期投資の観点でいえば、手軽で難易度が低い、地金の積み立てとETFがおすすめだ。

     中でも、ETFは手数料が地金より低く、かつ株式口座で管理できるため、株式を中心に運用している投資家にとって、全体の資産のバランスを管理しながら運用するには最も向いている。地金の積み立て投資は、実際に現物を保有しているのと同じ効果を得ることができ、積立額が一定の水準に達すれば地金を受け取ることもできる。

    残り956文字(全文1276文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事