テクノロジー

第13回 ドローンが農業の人手不足を解消=ゼノデータ・ラボ

     ドローン(無人飛行機)は現在、山間部や離島などのへき地で、小型荷物配送などで利用され始めている。政府は2022年ごろに都市部など人口密集地での遠隔飛行を目指しており、実現すればドローン関連サービスの普及も期待できる。

     今回は「ドローン利用拡大」が国内上場企業へ及ぼす影響を、AI(人工知能)業績予測システム「ゼノブレイン」で分析したところ、企業への好影響シナリオが六つ導き出された(図)。

     好影響を受ける企業は二つに大別できる。一つ目はドローン自体の需要増加により恩恵を受けるメーカーや部品・システム関連企業、二つ目はドローンを利用したサービスを展開する企業だ。

    残り620文字(全文902文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事