国際・政治米バイデン政権 視界不良

バイデノミクス 「3段ロケット」の経済対策 年後半は格差是正が焦点に=長谷川克之

「弱い大統領」として船出 (Bloomberg)
「弱い大統領」として船出 (Bloomberg)

 ジョー・バイデン氏が1月20日、第46代合衆国大統領に就任し、新たな時代の幕が開けた。前代未聞のトランプ前大統領の支持者議会占拠事件と弾劾訴追問題、第二次世界大戦時の米軍犠牲者数を超す新型コロナの死者数と、波乱のスタートとなった。

 バイデン氏は政権発足に先立ち、1月14日、「米国救済計画(American Rescue Plan)」と銘打った総額1・9兆ドル規模の経済対策を発表した。バイデン政権の経済政策である「バイデノミクス」を3段ロケットに例えると第1段ロケットであり、最優先課題の新型コロナ感染抑制と足元の経済下支えを図るものである(図1)。

残り2145文字(全文2422文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事