経済・企業円高が来る!

「超円高」は来ない! 一変した日本円を巡る構造 投資マネー巻き戻しも消失=竹中正治

    日本の貿易黒字は縮小の一途(横浜港)(Bloomberg)
    日本の貿易黒字は縮小の一途(横浜港)(Bloomberg)

     超スローな円高基調が続いている。今の円高トレンドの起点は、2016年11月の米大統領選挙でトランプ氏が当選した翌12月に付けた1ドル=118円台だろう。予想外のトランプ氏の当選で、彼の公約だった大減税が実施される可能性が急浮上し、米国景気の上振れ予想と長期ドル金利の急上昇が、円安・ドル高の市場反応を引き起こした。

     結局118円台から現在の103円台まで、4年1カ月かけて15円の円高になった。この間、ある程度の円安への揺り戻しもあったが、トレンドは変わらず、1カ月平均で0・31円の円高が進んだ。1980年までさかのぼって円相場の歴史を振り返ると、このような緩やかな円高の進行はまれだ。

    残り2120文字(全文2415文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事