経済・企業円高が来る!

円高の要因3 長期サイクル 向こう3年はドル安の傾向 米投資家も他通貨へ分散=高島修

    好物のアイスキャンディーを食べる著名投資家のバフェット氏。日本の商社株への投資を始めた (Bloomberg)
    好物のアイスキャンディーを食べる著名投資家のバフェット氏。日本の商社株への投資を始めた (Bloomberg)

     筆者は構造的な円安論者だが、この数年はドル安・円高リスクを警戒してきた。2021年ももう一段のドル・円相場の下落(ドル安・円高)を警戒しており、1ドル=100円を割り込む場面も出てくると見ている。米株高などリスクオン環境が継続する中で、全般的な米ドル安が進行し、ドル・円相場もつれ安になるという基本シナリオの下では、円高はユーロや豪ドルには出遅れようが、ドル・円相場は1ドル=97円程度までなら値を崩す可能性があると見込む。リスクシナリオでは95円前後への下落も排除しない。

     米国では共和党トランプ前大統領から民主党バイデン新大統領へ政権交代した。米議会も上院、下院とも民主党が押さえ、「トリプルブルー」が実現。財政刺激策が大規模化するとの思惑から、米株が強含む中で、米長期金利の上昇が明確になっている。

    残り2004文字(全文2357文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事