経済・企業円高が来る!

ドル・円相場 年央、年末相場見通し

     為替相場の専門家に2021年の年央と年末の相場見通しを聞いた。米国の新型コロナウイルスの感染状況やバイデン新政権の政策、米連邦準備制度理事会(FRB)の動向の捉え方によって見通しが分かれている。

    吉田恒(マネックス証券チーフ・FXコンサルタント)

     ◆2021年のドル・円相場予想

     6月末 108円

     12月末 95円

     昨年から続いてきた株高・米ドル安の本質は、「コロナショック」で起こった金利差からかい離した「行き過ぎたドル高」の是正であり、それはほぼ終了した。米金利上昇などを材料に、米ドルの「売られ過ぎ」の修正で、当面はドル高の可能性がある。ただ米金利上昇に耐え切れず米国株が下落に転換する可能性は要注意だ。株安が本格化するようなら、ドル・円は下落再燃。1ドル=100円を超える円高、「超円高」に向かう可能性に注…

    残り1330文字(全文1687文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事