経済・企業独眼経眼

再び落ち込む対面型サービス消費=斎藤太郎

     2020年4月の緊急事態宣言下で極めて大きな落ち込みを記録した個人消費は、5月を底に持ち直してきたが、新型コロナウイルス以前の水準を取り戻す前に、ここへきて再び弱い動きとなっている。家計調査(総務省統計局)の実質消費支出を形態別に見ると、財については、巣ごもり需要の拡大や特別定額給付金の効果から、19年の平均を上回る水準で推移している。

     一方で、サービスは緊急事態宣言時の落ち込みが非常に大きく、その後の戻りも弱い。

    残り817文字(全文1027文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事