マーケット・金融最強の米国株&経済

グラフで見る米国経済 企業の積極投資が生む好循環 家計純資産は手取りの7倍=荒武秀至

環境銘柄への期待

 バイデン大統領は就任早々、パリ協定復帰と気候変動サミット開催計画に言及。温暖化対策に後ろ向きだったトランプ政権からの転換を印象付けた。2020年11月にバイデン勝利が確実視されて以降、太陽光発電や風力発電、バイオ燃料(バイオマス)などのクリーンエネルギー関連30銘柄で構成される「世界クリーンエネルギー指数」が、S&P500株価指数を凌駕(りょうが)する勢いで上昇しており、イノベーションへの期待感をうかがわせる(図1)。

残り1060文字(全文1280文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事