マーケット・金融最強の米国株&経済

吸引力 世界中からヒト・モノ・カネ 2大政党制も強さの源泉に=武田淳

 米国株価の高値更新が続いているのは、日本と同様、超金融緩和の長期化見通しの下、景気回復期待が一段と強まっているからに他ならない。ただ、少なくとも米国には、期待を高めるに十分な経済の強さがあることも事実だろう。

 米国経済の強さは、ビジネスの重要な資源とされる「ヒト・モノ・カネ」で測るとよく分かる。

 ヒトに関しては、人口増加率が日本のマイナス、ユーロ圏の0・1%、中国の0・4%に比べ米国は年0・6%と高い。移民が人口増を支えている。英国の高等教育情報誌『THE(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション)』によると世界大学ランキングトップ10のうち8校が米国で、シリコンバレーというスタートアップの聖地もあり、世界中から優秀な人材を集めている。

残り995文字(全文1316文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事