国際・政治深層真相

父は元警視総監 千代田区長に戸惑う警察

 1月31日に投開票された東京都千代田区長選で初当選した樋口高顕氏(38)について、警視庁関係者から「仮に何かの疑惑が持ち上がったとしても、捜査しづらい」との声が出ている。背景には父、建史氏の存在がある。

 建史氏は東大法学部を卒業後、1978年に警察庁に入庁したエリートキャリア官僚だ。北海道警本部長や警察庁生活安全局長を歴任し、11年8月~13年1月に警視庁トップの警視総監を務めた。その経験が首相官邸にも買われ、14年…

残り318文字(全文529文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事