【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治深層真相

知事リコールに偽筆 河村・名古屋市長が窮地

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が仕掛けた愛知県・大村秀章知事のリコール(解職請求)署名の不正疑惑で、運動を先導してきた名古屋市の河村たかし市長が窮地に陥っている。

 署名は法定数に届かず不成立に終わったが、県選挙管理委員会は43万人分の全数調査で約8割に同一筆跡などの不正があったとして、地方自治法違反容疑で容疑者不詳のまま県警察本部に告発した。名古屋市の広告関連会社が佐賀県でアルバイトを募集し、署名簿に偽の署名を…

残り320文字(全文533文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事