テクノロジー半導体 空前の特需

製造装置 新たな成長軌道に突入 スクリーン、東エレク、レーザーテック=武野泰彦

    製造装置が並んだ半導体工場の製造ライン(Bloomberg)
    製造装置が並んだ半導体工場の製造ライン(Bloomberg)

     半導体需要の高まりに伴い、台湾TSMC、韓国サムスン電子を筆頭に半導体メーカーは設備投資を拡大させている。2020年の半導体製造装置市場は前年比17・5%増の7兆2846億円(グローバルネット〈GNC〉推定)と見込んでいる。特にサムスンが7ナノメートルプロセス工場への投資と中国の国策による半導体産業の育成政策による投資で市場を大きくけん引した。半導体製造装置市場は新たな成長軌道に入り、さらに大きな市場になると予想される。

     半導体製造プロセスを大きく分けると、前工程(トランジスタ工程と配線工程)、後工程(組み立て、パッケージング)になる。

    残り1983文字(全文2255文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事