国際・政治深層真相

2年連続中止の「観桜会」 逆風に気をもむ農水省

 総務省がNTTなどからの接待問題に揺れ、「公務員の弛緩(しかん)」に厳しい視線が集まるが、逆に接待する側となることもある。その代表的な例が、農林水産省の「観桜会」だ。観桜会は毎春、東京・千鳥ケ淵にある農水省別館(三番町共用会議所)で、各国の外交団を招いて盛大に開催される。旧山縣有朋邸の日本庭園にそそり立つ桜が華麗にライトアップされ、日本各地からえりすぐりの食材と酒が振…

残り280文字(全文466文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事