国際・政治深層真相

「大阪都構想代案」が成立 維新と公明の微妙な関係

     大規模事業の決定権限は魅力的なのだろう。大阪市議会で3月26日、大阪維新の会と公明党の賛成で広域行政の一部を大阪府に一元化する条例案が成立した。昨年11月に住民投票で否決された「大阪都構想」の代案という位置付けだが、維新と公明の微妙な関係も影響しているようだ。

     今回成立した条例では、大阪市内の大規模再開発、鉄道や高速道路の整備など都市計画の7分野と成長戦略を事務委託によって府に移す内容で、実際に何を委託する…

    残り310文字(全文516文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事