国際・政治

米中外相会談で激しい応酬 バイデン政権の対中包囲網 「干渉やめよ」と強くけん制=今村卓

     米アラスカ州で3月18日と19日、米国と中国の外交トップによる初の直接会談が行われた。この会談のポイントは、楊潔篪共産党政治局員による20分近い米国に対する叱責だろう。

     18日の会談では最初にブリンケン米国務長官が、新疆ウイグル自治区の人権侵害、香港と台湾への威嚇などへ深い懸念を述べた。そして、中国が国際秩序を脅かしていると批判した。これに対して楊氏が、新疆ウイグル自治区も香港も台湾も中国の不可侵の領土で、「米国は内政干渉をやめよ」と強く反発した。それにとどまらず、米国は自国の民主主義の他国への押し付けをやめるべきと訴え、米国のブラック・ライブズ・マター運動にまで触れた。

     米国の高官は、米国主導のアジア太平洋の秩序の変更を求める中国の挑戦であり、台湾が最大の潜在的な火種になっていると深刻に受け止めたという。

    残り462文字(全文821文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事