経済・企業日経平均最高値への道

日本株が上がるワケ3 個人投資家の世代交代 子育て世代が投資に意欲=黒瀬浩一

     個人投資家の株式投資に大きな変化が出ている。確かに、表面的には、個人は株式の売り越しが続いている。売買の9割を占める東証1部で、個人は2012年以降、毎年売り越しでその累計金額は約34兆円と巨額だ。同期間の投資信託も約3兆円売り越している。昨年だけでも売り越しは株式1・2兆円、投資信託2・4兆円だ。一見、個人は足元の相場上昇の波には乗れていないように見える。

     しかし、これを個人の総体として捉えるのはミスリーディングだ。世代によって投資行動が大きく違うからだ。総じていうと、金融商品の販売現場では、高齢者が売り越し、20〜50代の子育て世代は買い越しとなっている。投資信託協会のアンケート調査でも、60歳以上の投資経験者で「現在投資している」人の割合が低下傾向にある。一方、20〜40代の投信保有比率(20年)は前年に比べ増えており、この傾向は株式でも同様と…

    残り913文字(全文1294文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事