経済・企業日経平均最高値への道

日本株が上がるワケ4 東証市場改革が促す企業の新陳代謝=松本史雄

     東京証券取引所が実施する東京市場の区分とTOPIX(東証株価指数)の構成銘柄の見直しは、日本企業にガバナンス(企業統治)強化への動機を生むことで、中長期的には日本株の上昇要因になる可能性がある。

     現在の東証市場では、一旦、1部市場に上場すれば、2期連続債務超過になるなどの極端な条件に陥らない限りは、企業価値を上げず時価総額が低迷しても上場が維持され、それが経営陣に株主との対話のインセンティブを生まない要因の一つとされていた。

     そこで、東証は22年4月に、現在の東証1部、東証2部、ジャスダックスタンダード、ジャスダックグロース、マザーズの5区分をプライム、スタンダード、グロースの3区分に再編する。東証1部上場企業は「流通時価総額100億円以上」「流通株式比率35%以上」などの条件を満たした場合に、プライムに移行できる。一方で、東証1部以外でも、「流通時価総額100億円以上」「時価総額250億円以上」などの要件を満たせば…

    残り831文字(全文1246文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事