テクノロジー

ロビンフッド無料取引のからくり 証券版「アラブの春」で笑う者=黒木亮

     SNS(交流サイト)の掲示板を介して共闘した個人投資家が巨大ヘッジファンドを倒したと話題になったゲームストップ株が、騒動後の40ドル前後の底値から再上昇し、3月中旬時点で200ドル前後を付けている(図1)。関係者によると、再上昇は個人投資家ではなく、機関投資家の買いの影響だという。

     今回の騒動は、証券市場でSNSと個人投資家の影響力が増大したという変化が顕在化した点で、画期的な出来事であるのは間違いない。一方、株価上昇局面で共闘に馳(は)せ参じた個人投資家は高値づかみで損失を被り、一番もうけたのは市場のビッグプレーヤーであると見られる。

     その意味で、SNSを通じて庶民が蜂起し、長期独裁政権を倒したものの、結局は元の軍事政権に戻ったり、内乱状態に陥ったりした「アラブの春」(2010〜12年)の光景と重なる。

    残り2132文字(全文2490文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事