経済・企業深層真相

後継者問題に直面したクレディセゾン会長

     クレディセゾンの山下昌宏社長COO(最高執行責任者、63)が2月末、「一身上の都合」を理由に在任わずか2年で退任した。後任には水野克己専務(51)が昇格したが、現在78歳の林野宏会長CEO(最高経営責任者)=写真=に経営の権限が集まる体制は今後も続く。クレディセゾンにとって後継者育成が大きな課題となってのしかかる。

     山下社長は新型コロナウイルス禍の中でも堅調に業績を維持しており、突然の退任の理由は体調不良との見方が強い。西武百貨店出身で2000年にクレディセゾン社長となった林野氏は、懸案のシステム改修を進めた山下氏に19年3月、社長を譲り、林野氏は会長CEOとしてグローバル戦略やグループ戦略などを担っていた。

    残り153文字(全文462文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事