経済・企業活況!ペット市場

外出抑制で「癒やし」求め 関連用品、保険などにも波及=阪根美果

     ペット市場が今、急速に拡大している。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅の機会が多くなり、ペットに癒やしや安らぎを求めようと、新たに飼育を始める人が増えている。ペットを飼育している人も、ペットと過ごす時間が長くなり、より高付加価値なペット用品を買い求める傾向も強まる。その半面、ペット飼育の負担に耐えられず、飼育を放棄するといった問題も出てきている。

     国内のペット市場の明らかな変化は、新規の飼育者が顕著に増加していることだ。ペットフード協会が昨年12月に発表した「全国犬猫飼育実態調査」の推計によれば、1年以内に新規に犬を飼い始めた世帯は2020年、39万5000世帯と前年比12%増。新規世帯による犬の飼育頭数は14%増の46万2000頭となり、過去5年間で最も多くなった(図1)。

    残り5131文字(全文5475文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事