資源・エネルギー電力が危ない

危機の深層 発電所の故障や燃料不足、寒波 2023年度まで危険な状況が続く=小笠原潤一

JERAの碧南火力発電所(愛知県)。このうち2号機・石炭70万㌔㍗が2020年12月26日から翌年1月3日までトラブルで停止した
JERAの碧南火力発電所(愛知県)。このうち2号機・石炭70万㌔㍗が2020年12月26日から翌年1月3日までトラブルで停止した

 最初に今冬の需給逼迫(ひっぱく)の経緯を整理する。

拡大はこちら

 2020年12月25日にJパワーの橘湾(たちばなわん)火力発電所1号機105万キロワット(徳島県、石炭)、26日にJERAの碧南(へきなん)火力発電所2号機70万キロワット(愛知県、石炭)が、相次いで計画外停止(故障による停止)した。同時に12月26日から液化天然ガス(LNG)の不足により、各社のLNG火力の出力が低下するなど、発電設備の停止や出力低下が、昨年末から今年1月初旬にかけて増加した(停止・出力低下のピークは1月1〜2日)。

 昨年12月27日には関西電力が電力供給予備力の不足のため、「電力広域的運営推進機関」(電力安定供給のため全国の送電網を監督する機関)より、他の電力会社から電力の供給を受ける指示を受けている。このため12月26日から、日本卸電力取引所(JEPX)の前日電力スポット市場に出される電力(30分単位の電力量=キロワット時)が不足し、市場価格が上昇した。ただ、年末年始休暇などの電力需要減少により、価格の上…

残り1159文字(全文1611文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事