資源・エネルギー電力が危ない

古参・エフパワーが経営破綻 水面下で加速する再編・淘汰=本橋恵一

     今冬の電力需給逼迫は、「新電力」と呼ばれる電力小売り市場の新規参入者に大きな打撃を与えた。電力の調達先である日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格が暴騰したためだ。3月24日には、新電力の“古参”企業として知られるF-Power(エフパワー、東京都)が、会社更生法の適用を申請した。帝国データバンクによると負債総額は約464億円と見られる。今冬の需給逼迫による電力調達コストの急増が原因と思われる。同社に限らず、すでに新電力各社では、水面下で事業譲渡や再編の動きが加速しているようだ。

     2016年の電力小売り全面自由化以降、安定収益が見込める電力小売り市場への新規参入が急増し、20年10月1日時点で、その数は679事業者(資源エネルギー庁資料)に及ぶ。これら「新電力」が日本の電力販売に占めるシェアは、20年6月時点で約17.8%(約1395万件、同)となっている。

    残り703文字(全文1088文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事