経済・企業バブル前夜 金利上昇の恐怖

ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 米長期金利上昇は業績相場のサイン=平川昇二

巨額の財政政策を繰り出すバイデン米大統領 (Bloomberg)
巨額の財政政策を繰り出すバイデン米大統領 (Bloomberg)

 積極的な財政政策と量的金融緩和を受けて、日米の株価は1年で約8割の上昇を遂げた。昨年始まった新型コロナウイルス感染対策を好感した格好だ。

 しかし、膨大な財政政策に伴い債券需給の悪化や、景気好転、商品市況の上昇と企業のサプライチェーン(供給網)崩壊によるインフレ懸念を背景に、米国の長期金利が想定以上に上昇し、年初から株価の上値を抑える要因となっている。

 また、株式市場における物色も昨年までの「巣ごもり」、テレワーク(在宅勤務)関連の成長株(グロース株)中心から、素材、金融などといった景気好転、インフレ懸念や長期金利上昇の投資環境で、メリットを享受する割安株(バリュー株)中心へと、大きく変化している。

残り3313文字(全文3616文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事