マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 米国向けに強い景気敏感株が注目=三宅一弘

     2021年度上半期は米国を筆頭に世界経済が尻上がりに良くなりそうだ。特に米国では、新型コロナウイルスのワクチン普及に加え、大規模な財政出動と金融緩和の継続、実質長期金利のマイナス推移が継続しそうで、景気が大幅に上振れするだろう。主要国企業の1~3月期業績発表では回復傾向が鮮明化し、収益見通しは上方修正に弾みがつきそうだ。

     主要国では米国が要注目だ。1月20日に発足したバイデン政権は4月29日までの「就任100日」のスタートダッシュが際立つ。内政面では新型コロナワクチンの2億回接種と7月4日の独立記念日までに集団免疫獲得を目指す。3月11日には1・9兆ドルの大規模経済対策(米国救済計画)を成立させたが、加えて3月末に大型のインフラ投資計画を公表。8年間に総額2・3兆ドルのインフラ関連支出と、15年間の法人増税により…

    残り495文字(全文857文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事