マーケット・金融THE MARKET

NY市場 米企業は回復から拡大局面へ=村山誠

     米主要大型株で構成されるS&P500指数の構成企業の1株当たり利益(EPS)は、2020年は第1四半期から第3四半期まで前年同期比減益が続いたが、第4四半期は同1.4%増と、若干ながらも増益に転じた。現在、決算発表が進む21年第1四半期は、調査会社リフィニティブの4月2日時点の集計では同20.2%増と、増益率が拡大する見込みとなっている。

     前回の20年第4四半期決算では、売上高、純利益の実績が市場予想平均を上回る、ポジティブサプライズ(想定外の大幅上昇)が多数を占めた。S&P500指数構成企業の21年以降の業績予想の市場予想平均は上方修正が続き、年明け以降の米国株式市場上昇の主因となっている。

    残り169文字(全文478文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事