マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 方向感欠く=高島修

     足元のドル・円相場は、ドルが1ドル=110円台へ上昇した後、上値の重さが感じられるようになってきた。インフレ懸念を背景とする米金利上昇がドル高をけん引してきたが、原油・資源相場に頭打ち感が芽生える中、米金利上昇に一服感がでてきた。

     この間のシカゴ先物市場の持ち高動向を見ると、ヘッジファンドなど短期筋は1年前に構築した円買いポジションを手じまい、…

    残り262文字(全文436文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事